バイク買取り

バイクの価値とは?

バイクはその人にとってどれだけ大切なのか!

 

バイクとの出会い、それがあった人となかった人では大きく違うどころか、0か100かの問題でしょう。一生出会うこともない人もいれば 人生にとって必要欠くべからざるアイテム・特定の物になることもあります、私はそう信じています!もちろん後者の100のほうですが。

 

MLBワールドシリーズMVPの松井秀喜さんが推薦するバイク買取のバイク王!彼にとってはバイクとの出会いは0だったことでしょう、5打席連続敬遠という時代にバイクのバの字も頭にはなかったはずです。それもまた人生であります。

 

私たちの時代はバイクでそれもナナハン(750cc HONDA K2)で通学できてました、それもノーヘルで。「ローギアで100kmでるらしいぞ!」というまことしやかな噂も!?学校に行くのは勉強ではなく短い距離のツーリング感覚!いまではあり得ないっしょ。そんな昭和の時代でした。

 

4輪のクルマならある程度の自分を守ってくれるボディーがある、4本足(4輪)で安定している!それが車の魅力ともいえるはずです。バイクにはその安心安全がありません、4本足になるには己の2本の脚を足すしかありませんし、カーブを曲がり切れなければ崖から真っ逆さまに転落死が待ってます。そんな危なっかしいものに乗るというのはバイクの魅力のわからない人には正気の沙汰ではありませんよね。

 

でもエンジンむき出しの危なっかしい2輪に跨ってしまう!これも少年の性・持って生まれた運命(女性ライダーに失礼かな!?)かなと思ってしまいます。

 

新聞配達の代名詞、それはホンダのカブ号でしょう!新聞とカブ、それは切っても切れない相性抜群の日本の輝く星です。

 

 

自由になるために、一人になるために、現実逃避するために、涙を振り払うために人はバイクに乗るのです。今のママチャリの後ろに乗る3歳の子はしっかりヘルメットをかぶっています。僕たちの世代はノーヘルで衝突事故死者が多数出て社会問題になりヘルメット着用が義務付けられました。チェッカーズの歌詞にもありました。尾崎豊の「15の夜」にもあるように やんちゃ坊主にはバイクがつきものでした。

 

バイクは危険、危険だから敢えて乗る!そこには男のロマンが満ち溢れている。冒険と親和性のあるバイク、バイクにまたがる男の信条、萩原流行さんのこと大好きでした。知らない人にはわからないけど、知ってる人は手放せない!それがバイクなんです。

 

バイクを愛する者の心得

 

 

定期的なエンジンオイルの交換と洗車がバイクをこよなく愛するライダーの「基本」の き です。最も重要なエンジンは、オイルの劣化によって故障の可能性が大きくなりますので、6ヶ月または3,000〜5,000kmの走行を目安に交換してください。

 

また、洗車することで消耗部品の確認や故障の早期発見につながります。タイヤやブレーキなどの消耗、故障は命にも関わりますので、最低でも月に1度は洗車&点検を実施してください。


ホーム RSS購読 サイトマップ